KS-Woodが選ばれる4つの理由

「自由に可変する間取り」入居者のライフスタイルの変化に合わせることができる対応力が、長期安定経営を実現しました。

トラス工法による大空間の確保

将来的にも撤去や移動ができない壁、いわゆる屋根を支えるための「耐力壁」を室内に設ける必要がなく、自由な大空間を可能にしたのが、「トラス工法」です。
 一般の木造住宅では自由な間取りが出来ないものですが、KS-Woodでは構造解析されたKトラスで小屋組を形成し、屋根の荷重をバランスよく外部へ分散するため、内部に屋根を支える柱が必要なく入居者のライフスタイルの変化に合わせた間取り変更が実現できます。

トラス工法
トラス工法


写真をクリックすると拡大表示されます。

トラス工法では自由な間取り可能


Kトラスによる小屋組構造

建物のスケルトンS(柱・梁・床等の構造体)とインフィルI(住戸内の内装設備等)と分離した住宅です。
スケルトン部分は長期間の耐久性を重視し、インフィル部分は住まい手の様々なニーズの変化に自由に対応できる可変性を重視した住宅です。長期に亘り、競争力のある差別化された戸建賃貸として成長します。

スケルトン(柱・梁・床等の構造体)とインフィル(住戸内の内装設備等)の分離


賃貸経営や土地活用に関するお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらです。

「土地活用をお考えのお客様」初めてでも安心の戸建賃貸経営スタートガイド

KS-Woodで新しい暮しを始めませんか? 詳細はこちら

「戸建賃貸をお考えのお客様」KS-Woodで新しい暮しが始まる

ルネスBOXシリーズ
SIビジネスソリューション


ページのTOPへ