KS-Woodが選ばれる4つの理由

「強い耐震性能を誇る構造」住み継がれていく戸建賃貸住宅がこれからの基本です。

優れた耐震性能

地震などの災害から大切な資産や人命を守るため、耐震等級(損傷防止・倒壊防止)等級3(建築基準法で定められた耐震基準の1.5倍)をはじめ「耐風等級」で最高等級の強度を誇る構造体。その証として許容応力度計算にて構造解析をした構造計算書をお渡します。

耐震等級(損傷防止・倒壊防止)等級3、「耐風等級」で最高等級の強度
構造計算書


強固なモノコック構造

外壁部全体を構造用面材で固定するモノコック構造にすることで耐震性能を高めました。外力が構造の一点に集中せず、建物の“面”全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を実現する、理想的な「壁式構造」の建物です。
さらに隙間をなくすことで熱効率を高め、万一の火災時には防火効果も期待できます。

モノコック構造にすることで耐震性能を高めました。


メタル接合+KSジベル(特許)

木造の家は、木材の仕口の接合(木組み)で構成されます。木造建築の安全性を確保する上で最も重要な部分が連結部です。その連結部の安全性を高めるため、メタル接合としました。又、ボルトの緩みと引き抜き強度を飛躍的に高めるKSジベル(特許第4174713号)を開発し、接合部の不安要因を解決しました。

接合部の安全性を高めるため、メタル接合としました。


賃貸経営や土地活用に関するお悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらです。

「土地活用をお考えのお客様」初めてでも安心の戸建賃貸経営スタートガイド

KS-Woodで新しい暮しを始めませんか? 詳細はこちら

「戸建賃貸をお考えのお客様」KS-Woodで新しい暮しが始まる

ルネスBOXシリーズ
SIビジネスソリューション


ページのTOPへ