オーナー様向けニュース

空き家対策特別措置法が、5月26日全面施行されました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
空き家対策特別措置法が、5月26日全面施行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

全国で空き家増加が問題になる中、市町村が倒壊のおそれのある空き家を強制的撤去できること等を盛り込んだ特別措置法が、全面施行されました。空き家増加の原因は、高齢化・人口減少・都市集中とはっきりしていますが、空き家は、2013年で全国820万戸と年々増加しています。空き家率(総住宅数に占める割合)は過去最高を更新し、13・5%と増え続け、防災面や防犯面、それに景観などへの悪影響が近年、問題になっています。
特徴は大きく二点あり、一点目は「空き家の持ち主を特定するため情報収集の充実」、二点目は「危険な空き家を取り壊せる強制力を自治体へ持たせた」ことです。
これまでは増加する空き家に対し、市町村が条例を制定して行政代執行で撤去を行う取り組みを進めてきましたが、個人情報保護の観点から空き家所有者の把握が困難で、国に法整備を求める声が上がり、今回の法律の施行により、市町村が所有者の把握をはじめ、必要な対応を取りやすくなることが期待されます。
しかし、市町村が強制的撤去に踏み切れば財政負担が一時的に発生するため、こうした対応がどこまで広がるか不透明で、空き家増加を抑えるためには、空き家の有効活用を進める必要があるでしょう。中古住宅市場やリフォーム市場を活性化させて、長く住むことができる住宅を増やす等、空き家ニーズを増やす中長期的な取り組みが必要となるでしょう。

【お問合せ】
㈱エス・アイ・ビジネスソリューション(S・I推進研究会)
戸建賃貸KS-Wood 建築中!

投稿者:
㈱エス・アイ・ビジネスソリューション  川口 貴之

「戸建賃貸をお考えのお客様」KS-Woodで新しい暮しが始まる

KS-Woodで新しい暮しを始めませんか? 詳細はこちら SIビジネスソリューション

「土地活用をお考えのお客様」初めてでも安心の戸建賃貸経営スタートガイド

KS-Woodで新しい暮しを始めませんか? 詳細はこちら

ページのTOPへ